「儲けのしくみ」5刷になりました。


おかげさまで、4月に出版した「儲けのしくみ 50万円からできるビジネスモデル50」がわずか4ヶ月で5刷を達成することができました。

この本は、人的にも資金的にも制約のある中小企業や個人事業主の方向けに、「実際に存在するビジネスモデル」の事例を計50個まとめたものです。

ビジネスモデルの書籍は何冊もありますが、そのすべてが残念ながら「大手企業」のケースばかりで、どれほど優れたビジネスモデルであっても、到底マネのできないものばかりです。

そこで、この本は、とにかく「ローコスト」でできるもの、多額の開発費用や莫大な人員コストを必要としないものだけを集め、実例をヒントに「新しいビジネスモデル」発想のきっかけにして頂くことを主眼におきました。

難しい理論や、数字の精査などはすべて省き、とにかく「新しいアイデア」を思いつくため、この1点を目的とした書籍です。

もし、機会がありましたら、ご一読頂けると幸いです。

アマゾンページ
http://amzn.asia/c5mB6Zt


”グレーゾーン”を狙うビジネスモデル


Nintendo Switchが好調です。品薄状態が続くほか、新作タイトルの初版からPS4などと一緒に対象ハードウェアに並ぶようになりました。

【Nintendo Switchに学ぶ】既存市場で成功する発想法でも書きましたが、このゲーム機の成功ポイントは、【家庭用】と【移動用】の中間を狙ったことにあります。

製品のみならず、サービス業でも同じ手法が登場しました。

 

続きを読む


他業種のメインビジネスを利用するビジネスモデル

他業種からの参入でもっとも厳しい方法が、その市場での収益をアテにしていないやり方です。

具体例をあげると、IYグループやイオンなどの銀行業があります。それぞれ、銀行の免許を取得し、セブン銀行とイオン銀行の運営を行なっていますが、従来からある銀行と違い、銀行業そのものの収益はそれほどではありません。あくまで、顧客サービスの延長として実施されています。

続きを読む