【コロナ不況】住宅ローンが厳しいとき、銀行に相談しても意味はない

【コロナ不況】住宅ローンが厳しいとき、銀行に相談しても意味はない

コロナの影響がいつまで続くのか、依然見通しの立たない状況が続いています。
企業の業績悪化に伴い、失業したり、収入が大幅に減った(これから減る)方も大勢いると思います。

そうした厳しい状況の折、住宅ローンが返せそうにないという話も聞きます。もしそうなったとき、ぜひ検討してほしいことがあります。

返済をしない

返済が厳しいのであれば、「返済そのものを止める」ことをお勧めします。

返済しないと、担保に入っている家が取られる!と思われるかもしれません。ただし、それは「競売(けいばい)」にかかり、競り落とされたときに成立するものです。

住宅ローンが払えないことは、「刑事罰」の対象ではありません。
単なる「商取引」です。
自宅を追い出されたり、勤務先に誰かが押しかけてきたりしません。
(それこそ刑事罰の対象です)

つまり、銀行によって担保権が実行されても、競売で誰かに買われなければどうもならないのです。(競売は3回まで)

返済を止めた → 競売にかかった → 売れなかった

で、どうなるのか。
最終的には、「何も起こりません」

所有権はあなたにあります。
そのまま住み続けることができます。

よく強制退去みたいなことをされるようなイメージをお持ちの方がいますが、そんなことは絶対にできません。(いわゆる強制執行されてもその対象は動産であり、不動産は必ず競売か第三者への売却しかありません)

銀行に相談しても

せいぜいが、テールヘビー(先送りのこと)を提示され、月々の返済額が数万円程度減るだけです。減額といっても、住宅ローンそのものが減るわけではありません。減らした分はそのまま後ろにつく(返済期間が伸びる)だけなのです。

もちろん、この減額によってなんとかなるのであれば、それはそれで実行してください。ただし、これ以上の提案は出てきません。

返済の自主的ストップする前に

自主ストップする前に2つのことをやっておきましょう。
まず、住宅ローンの引き落とし口座からお金をすべて引き上げてください。

返済が2ヶ月滞ると銀行から督促状が来ます。その後さらに時間が経過するといよいよ「競売のお知らせ」が来ます。この前後で、(銀行によりますが)対象の銀行口座が「凍結」される恐れがあります。

※凍結は、預入=◯、振込=☓、振替=☓、引出=☓の状態を言います。
つまり、お金を入れることはできるが、動かせない状態です。

2つめは、銀行口座の変更です。
住宅ローンの引き落とし口座がメインの口座(給与や売上が入る口座)と同じ場合、予め別口座に変えておきましょう。
(ほとんど可能性としてありませんが、「給与の差し押さえ」を避ける意味もあります。)

住宅ローンを払わなかったら、二度とローンが組めなくなるのでは?
残念ながら、2ヶ月以上払えない時点で、携帯料金のそれと同じくリストに載ります。

残念ながら、国は何もしてくれません。
自らの手で生活を守りましょう。