お問い合わせにあたって

お問い合わせにあたって、気が進まない感じがするかもしれません。
逆の立場なら、当然そう思います。

そこで、きっと気になることについて、以下Q&Aをリストアップしました。お問い合わせ頂くにあたって、ぜひご一読下さい。

<お問い合わせに関するQ&A>

Q1)どんなことを問い合わせてよいのか?

よく頂くお問い合わせ内容は次の通りです。

1)個人の方

Q.現在会社員だが、できるだけ早いうちに事業を起こしたい。今温めているビジネスアイデアが、果たしてこれでいいのか、アドバイスが欲しい。

A.別途、ヒアリングの場を設けさせて頂き、提案をさせて頂いています。

 ※詳しくは【個人向け起業支援】を参照下さい。

2)法人の方

Q.本業のビジネスモデルを見直したいので、アドバイスが欲しい。
Q.本業が売上の割にキャッシュ・フローが良くない。改善したいのでアドバイスが欲しい。
Q.新規事業の立ち上げを検討している。内容がこれでいいかアドバイスが欲しい。

A.個人の方と同様に、ヒアリングを経て、提案をさせて頂きます。

3)雑誌やWEBサイトへの寄稿

Q.こういう内容は書けるのか

A.別途、お打ち合わせをさせて頂いたのち、おおよその「プロット」を提案させて頂き、ご検討頂いています。

Q2)問い合わせをしても返事がこないのでは?

A.お問い合わせを頂いてから、必ず24時間以内】に、少なくとも「お問い合わせを頂いたことを確認しました」旨をまず、ご返事させて頂きます。※自動応答ではありません。

Q3)問い合わせをしても、変な、嫌な対応をされるのでは?

A.頂いたお問い合わせについては、必ず代表者である酒井が対応させて頂きます。

また、プロフィールにもある通り、約10年間大手SIベンダーのTIS株式会社にて法人向けの業務に携わっておりました。老舗の大企業から、海外高級ブランドなど十数社のお客様とやりとりしておりました。客観的な数値化はできませんが、そうした経験を通して50億円以上の売上貢献したことなどから推察頂ければ幸いです。

Q4)記入した個人情報が何処かへ流出するのでは?

A.お問い合わせにあたって登録頂いたメールアドレスを使って、「メルマガ等への勝手な登録」や「DMや販促メールなどを送る」といったことは一切行ないません。

弊社はメルマガを配信しておりません。

頂戴したメールアドレスは「ご連絡手段」としてのみ、利用させて頂きます。

■メールアドレスの保管
ノートンの「ウィルスセキュリティ」を導入したPCのローカルにて保管しています。

■利用メーラー
2段階認証設定済のGmailのみを使用しています。

Q5)いきなり契約させられるのでは?

A.お問い合わせ頂いても、いきなり契約などをお願いすることなどは一切ありません。

お問い合わせの内容を踏まえて、別途、「対面ヒアリング」の場を設けさせて頂いています。(このヒアリングに、費用はかかりません。

【対面ヒアリングについて】

時間:60分程度
場所:JR品川駅近辺
料金:かかりません

ヒアリングの目的は2つ。
1つは、ご相談内容をしっかりと伺うため、もう1つは、弊社をご判断頂くため、です。ヒアリングを通して、そのやりとりを踏まえ、本当に任せてよいかもご検討ください。

なお、「営業用のチラシ」や別途セミナーの案内等の売り込みも一切ありません。安心してご相談ください。

Q6)費用が高額ではないか

A.ヒアリングの結果、ご相談内容を踏まえて、最大1週間以内に、提案サマリーを提出させて頂きます。提案サマリーには、

・期間マイルストーン
・実施項目
・費用

を記載しています。
ヒアリングの際にお伺いした「想定期間」と「予算感」を踏まえ、提案サマリーに反映させています。

提案をご確認の上、依頼するかご判断ください。

もちろん、お断り頂いても一切費用はかかりません。

※マイルストーン・サンプル


お問い合わせ方法

お問い合わせ方法は2つです。

1.問い合わせフォームを使う

2.メールで問い合わせる

info@financial-note.com  宛てに、

 1)会社名(法人の方)
 2)お名前
 3)メールアドレス
 4)お問い合わせ内容

を記載して、お送り下さい。

3.お問合わせへの返信

お問い合わせを頂くと、24時間以内に必ず、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【お問い合わせ有難うございます】
フィナンシャル・ノートの酒井と申します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というタイトルにて、ご返信をいれさせて頂きます。


お問い合わせの流れ

<以下1〜5までは費用はかかりません。>

1.メールまたは、お問い合わせフォームからご連絡

2.24時間以内に返信

3.初回限定の対面ヒアリングを実施

4.ヒアリングの内容を踏まえ、最大1週間以内に提案を送付

5.提案内容を確認の上、依頼するか判断下さい。