対極にあるものを組み合わせ大成功したフィットネスジムとは

今や、無いものはない時代です。商品であれ、サービスであれほぼ必要なものは揃っています。

そんな環境の中で、ビジネスで勝ち進むには、やはり「発想」がカギを握ります。

もはやこれ以上の改良の余地はない―。そう思われているものにこそ、実は思わぬ着想で見事な成果を出せるものです。

見事としか言いようのない、好例をご紹介しましょう。

続きを読む


人手不足を逆手に取る


様々な業界で人手不足が叫ばれています。
残念ながら、一向に解消しそうにはありません。

では、事業を縮小するべきなのか。
人手が足りないまま無理やり続ければ、大きなミスや
過度な残業を発生させてしまうかもしれない。

普通に考えるとこうしたネガティブスパイラルに陥り
そうですが、ここで大切なことは、「逆転の発想」
です。

これぞ、という好例をご紹介しましょう。

続きを読む


複合型ビジネスモデル ✕ 新しいお弁当


ここでご紹介しているビジネスモデルの多くは、特定のパーツ(例えば定額制など)をメインに組み立てられています。

もちろん、それはそれで有効ですが、競合他社が多い、参入障壁が低い市場の場合、安心はできません。

どうすれば良いのでしょうかー

ここで登場するのが「複合型」です。ショッピングセンターか!思われるかもしれませんが、意味的には同じです。

それは優れたビジネスモデルの要素=パーツを複数個取り込んでしまうこと。狙いは競合との距離を取るほか、新規参入を削ぎ落とすことなどです。

まさに、と呼べるような事例をご紹介しましょう。

続きを読む