【この手があった】秀逸なビジネスモデル5選_vol.1

【この手があった】秀逸なビジネスモデル5選_vol.1

直近で見つけた、「コロンブスの卵」的なビジネスモデルの事例を5つご紹介します。

1.ゲーセンミカド
http://mi-ka-do.net/

昭和レトロなゲームばかりを集めたゲームセンターです。
「天地を喰らう」「ドルアーガの塔」「雷電」など、ドンピシャ世代にはたまらないアーケードゲームが揃っています。
大型アミューズメント施設と、家庭用ゲーム機の間をかいくぐった見事なコンセプトです。

 

2.姫路まるまさ
https://ate-link.jp/

「焼き肉」「天ぷら」「居酒屋」「イタリアン」が一つのエリアにまとまった「逆・ドミナント」式の飲食店グループ。セブンイレブンが展開する「ドミナント戦略」は、同じ店舗を集中させる方式を逆にして「違う業態」を出した見事な事例です。

 

3.鎌倉新書
https://recruit.kamakura-net.co.jp/

ライフエンディング(生前準備や葬儀、仏具やお墓など)に関する全般の情報を提供しているサービス。専門的なWEB情報や書籍を提供し、閲覧や問い合わせに来た人を広告主である仏壇仏具店や葬儀社へ紹介しています。インターネットメディアだけでなく、書籍も併用しているところがミソですね。

 

4.Rentio
https://www.rentio.jp/

最新デジタルガジェットのレンタル。
毎年のように出てくる新しいデジタルガジェット。
欲しくてもお金が続きませんし、そもそも「買って失敗」もしたくない。そんな気持ちに応えた事例です。

 

5.四季倶楽部
http://www.shikiresorts.com/

ホテルや旅館といえば、通常は繁忙期や閑散期に応じて価格が変動するレベニューマネジメント型が一般的です。
ところが、ほのホテルグループは、なんとオールシーズン1泊5000円!
その謎は、優良企業の保養所を宿泊施設として運用していること。一般的に大きな負担になりがちな設備資金などを軽減しつつ、低料金でハイグレードな設備を提供することを可能にしています。