ビジネスモデル発想法【バリューチェーン編】

ビジネスモデル発想法【バリューチェーン編】

バリューチェーンとは何か

商品企画、原材料調達、加工・製造、出荷、販売といった価値を背生成するプロセスのことです。

ここでは、「業界から探す」でリストアップしたサービス業のうち、いくつか代表的なバリューチェーンをご紹介しましょう。

■さまざまなバリューチェーン

学習塾
生徒募集→教材や授業の準備→授業→宿題や試験→結果分析や指導

物流サービス
車両購入(もしくはリース)→受注→配車→集荷→輸送・配送

カフェ(その他飲食店ビジネス)
店舗開発(内装含む)→集客→食材仕入→注文→料理提供→決済

アパレルメーカー
(本社・工場)商品企画・設計→生産→店舗配送
(店舗)商品陳列→集客→接客→試着→決済

システム開発会社
受注→要件定義→外部設計→詳細設計→テスト→バグ取り→
実データテスト→納品→検収

美容室
店舗確保→設備、内装→美容師雇用→集客→サービス提供

出版社
企画・制作→編集→印刷・製本→営業・宣伝→取次→書店

人材派遣・人材紹介
募集・登録→営業→マッチング→面談→契約

不動産仲介
借り主募集→内見随行→重要説明事項→賃貸契約→決済

見事に違いますよね。
さて、本題はここからです。

既存のバリューチェーンから探す

いずれかのバリューチェーンを使って、次のような手を加えて新しい儲けのしくみができないか、を考えるのです。

 1)別のプレイヤーを追加する
 2)別の業態と入れ替える
 3)チェーンのどこかを削る・統合する
 4)アプリやその他代替方法に置き換える

順にご紹介していきましょう。

1)別のプレイヤーを入れる

既存のバリューチェーンの流れの中に、別のプレイヤーを入れてみましょう。

例えば美容室。
そのバリューチェーンは、

店舗確保→設備、内装→美容師雇用→集客→サービス提供

でした。
このうち、5つめの「サービス提供」を置換えてみる。
実際にある事例ですが、例えば「ネイル」を提供する。

もちろん、この手前の手順を置き換えることもできます。
例えば、店舗確保と設備、内装を別のものに置き換えてみる。

例えば、フリーの美容師と契約しておき、一方で店舗または土地などを持っているオーナーと契約。サービス提供による収益から利用料を支払うというしくみにし、自社は、それらを「集めてくる」ことだけに特化する。美容師と土地オーナーとのマッチングです。

いかがでしょうか?
必ずしも自社ですべてを賄う必要はないのです。
別のプレイヤーを入れる最大のメリットは、2つ。
初期コストの圧縮と撤退のしやすさ、です。

残念ながら、美容業界はとても競争が激しい。
全国に20万件以上あると言われています。
後発参入するのであれば、先行者にはできない工夫を入れましょう。

2)別の商品やサービスと入れ替える

ビジネスモデルの王道の1つですね。
今度は、バリューチェーン上に流れる「商品やサービス」を置換えてしまうのです。

このスタイルで成功しているケースはたくさんあります。

例えば、牛丼チェーンをベースにした天丼チェーンやカツ丼チェーン。自動車ディーラーと携帯ショップなど。よく見てみると、しくみはほぼそのままで、商品やサービスだけが変わっていることがわかります。

なお、この方法で注意したいのは、「利益モデル」です。
その商品やサービスだからこそ、成り立っている場合があるからです。果たして採算が合うのか、アイデアが出揃ったら、ぜひ第3章でさまざまな側面から検証してみてください。

3)チェーンのどこかを削る・統合する

これも新しい儲けのしくみを考える方法の王道です。

例えば、書店。
ポピュラーな事例で、中古書店があります。
通常、書店は取次または出版社から委託販売形式で、書籍を仕入れます。中古書店は、この部分を「個人」に置換え、一大市場になったのです。

4)アプリやシステムに置き換える

これは詳しくご紹介するまでもありませんよね。
バリューチェーンの一部またはすべてをシステム化、コンテンツ化する。さらに、スマホのアプリ化する。

コンテンツ化やアプリ化はすぐに思いつくアイデアです。

なので、さらにもうひと工夫。
対象を全体にするのではなく、一部をアプリ化・コンテンツ化し、かつ汎用化することをオススメします。

例えば、クリーニング。
すでにオンラインのクリーニング店は存在します。
そこで、専門特化して、色落ちだけを請け負うクリーニング店の「窓口」をコンテンツ化するのはどうでしょう?
例えば、低価格印刷で有名な「ラクスル」のように、全国の「しみ抜きや染色業者」を協力者としてまとめ、その資産を利用させてももらう。

全体最適から部分最適へ。ちょっと視点を切り替えて考えてみてください。トンデモない金鉱脈を掘り当てるかもしれません。