【お客さんを退屈させない】ビジネスモデル

   

a0070_000077
先日、auがショップ内に飲食コーナーを儲ける話が出ていました。携帯ショップの中に、飲食コーナー。

なぜ、こんなことをするのでしょうか?

 

お客さんを飽きさせないだけではない

ほとんどの方が利用していると思いますが、タイミングが悪いと結構な時間待たされるのが、「携帯ショップ」です。

とにかく忙しいこの時代、無為に何十分も待たされるのは苦痛でしかありません。

auがこの方法を導入したのもこのためです。
飲食コーナーを儲けることで、待っている人がコーヒーなどを飲みながら、ゆっくりと待つことができる。

さて、ここが重要です。
仮にコーヒー1杯だとしても、侮ることなかれ。
原価の安さはピカイチです。せいぜい数円から数十円。

さらに、一般的な喫茶店と違い、コーナーとして設けたこのケースの場合は人件費はそもそもショップで発生していますから、対コーヒーにはかかりません

これが大きいのです。

実際この手法は、様々なところで使われています。
大手なら、BMWやホンダのカフェ、渋谷にあるロクシタン・カフェなどが有名ですね。

「いまさら、飲食コーナーやカフェの設置なんて投資はできない」

あきらめないでください。
多額の費用を掛けなくても、うまいやり方もあります。

例えば、

・乗り合いバスにお菓子の販売
・クリーニング店でDVDの販売

なんていうのものです。

乗り合いバスの中に「1つ100円のお菓子コーナー」。
クリーニング店で受付のすぐ横で「DVD」の販売。

そんなもの売れるのか、と思いきや意外と売れるそうです。
使い古された言葉ですが、「ついで買い」ですね。

なぜ、こんなことが通用するのか

人間の心理が大きく関係します。
携帯ショップであれ、乗り合いバスであれ、目的はそもそも決まっています。携帯に関する手続きであったり、目的地への移動ですね。

つまり、当初の目的は果たされているか、もしくは果たされる途中にある状態です。だから、別のことに目がむきやすいのです。

注意したいのは、本来のサービスがきちんと機能している前提だということ。さきほどの携帯ショップの場合、もし手続きに不備があって、お客さんをイライラさせるようなことが起きれば、当然飲食コーナーも利用しないでしょう。

坊主憎けりゃ、です。
クリーニング店もそう。きちんと仕上がるのは当たり前のことなのです。そこに安心感があるからこそのこのやり方だということをくれぐれもお忘れなく。

 

追加ビジネスの見つけかた

提供しているサービスについて、それを利用しているお客さんがどう感じているかここをぜひ調べましょう。

「いまどきだから、みんなスマホの画面を見て過ごすんじゃないの?」

と考えをとめないでください。
なぜ、みんなスマホの画面を見るのでしょう?

もちろん、仕事で使っている人もいるでしょう。しかし、大多数の人は「手持ち無沙汰」の解消が目的のはずです。事実、スマホ用ゲームは「暇つぶしの時間」の奪い合いを意識して作られると言われています。

普通にはないものが、そこにあれば人間必ず意識します。
こうした視点でぜひ、追加のビジネスを発想してみてください。

思った以上の利益が生まれるかもしれません。

Pocket

SNSでもご購読できます。